ネット時代の卑怯な仕返し『リベンジポルノ』に注意!!

投稿日時
2011年05月10日

付き合っていた時に撮られたエッチな画像や動画を別れた後にインターネット上に流されてしまう。このような行為の事を「リベンジ・ポルノ」(復讐ポルノ)と言うようですね…

投稿日時
2014年02月26日

付き合っていた時に撮られたエッチな画像や動画を別れた後にインターネット上に流されてしまう。
このような行為の事を「リベンジ・ポルノ」(復讐ポルノ)と言うようですね。

フィルムカメラしかない時代には、恋人とエッチな姿の写真を撮ったとしても、そこには現像という工程が生じ、ほとんどの人はお店に現像を頼んでいたので、必然的に他人に見られてしまうことになります。

そのため、たとえ撮りたかったとしても、せいぜいチューしている写真止まり(私、昔写真の現像をするアルバイトをしていましたー。そしてエッチな画像は現像してくれません。)
今の学生さん達には、もしかしたら「現像に出す」という言葉さえも「何それ?」と言われてしまうかもしれないですが…。

スマートフォンの普及により…

私もiPhoneを買いたての頃に、うれしくて彼のうふふな写真を試し撮りしちゃいましたよ。
それが、感動するほどキレイに撮れていて思わず『保存しておきたい!』と思ったけれど、さすがに「誰かに見られたら大変!だろ」と即削除されてしまったのですが。。

スマートフォンの普及が一気に進み、今は写真だけでなく、動画も簡単に、しかもかなりクオリティの高い状態のものが手軽に撮れてしまいます。
ラブラブの時期であれば、当然しあわせな二人の時間を思い出として残しておきたいし、会えない間も、その姿をいつでも見られるのは寂しさを紛らわせてくれる良い手段になるし。。

でも、これが一転、別れるとなり、しかも一方が了解しない状態での別れになってしまった場合、愛情は一気に憎しみになり、それがどれだけ相手を傷つけることになるかも考えず、恨みをはらすために、嫌がらせとしてエッチな姿をインターネット上にバラ撒いてしまう。。。

最初から、ばら撒くつもりで撮っている人がいるならば言語道断ですが、好きあっている時にはまさか、そんな事になるなんて思わないまま、気楽に撮影してしまうんではないかと思います。
相手を疑うのもイヤな事ですが、そういう可能性があることを頭に入れた上で、人にもし見られたら困るようなものを撮影するときには、よくよく気をつけてくださいね。

リベンジポルノの被害相談が去年から急増

2013年に女子高生が元恋人に殺害された事件をきっかけに(その際に加害者は被害者の写真や動画をインターネット上に拡散させた)『リベンジポルノ』が注目されるようになりました。

先日(2014年2月23日)の時事通信で
『元交際相手の裸の写真や動画をインターネット上に流出させる「リベンジポルノ」について、自民党は近く特命委員会(平沢勝栄委員長)の初会合を開き、対応策の検討に着手する。加害者を厳罰に科すことの是非や、早期の画像削除など被害の拡散防止を中心に議論。法整備も視野に入れるが、どこまで実効性を高められるかが課題だ。』
というニュースが発表されていました。

「リベンジ・ポルノ」に限らず、インターネットという便利な世界が広がるにつれ、今までは考えもしなかった事態が起きることも増えています。
今どきはクレジット情報も抜き取られたり、ネットにつながるモノであれば何でも盗まれてしまう時代なので、くれぐれも注意して被害に合わないようにしてくださいね。

関連記事

この動画がよかったと思ったらクリックしてください。
拍手の数で、他の人が内容がよかった動画を探しやすくなります。

web拍手 by FC2

PR